[ブログ移転のお知らせ]

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、小野石材店のブログは自社サイト内に移転しました。

[ブログ移転先]


http://www.stone-ono.co.jp/blog/

小野石材店のブログページ

お手数をおかけいたしますが、RSSやブックマークなど再登録よろしくお願いいたします。
引き続き、小野石材店のブログをどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m





4万6千日分のご利益がある、幻想的な雰囲気が素晴らしい法多山尊永寺の万灯祭

こんにちは、大沢です。

1度のお参りで4万6千日分(なんと126年間!)ものご利益がある、なんとも有り難い「万灯祭(まんとうさい)」をご存知でしょうか。
万灯祭は、1300年の歴史をもつ静岡県袋井市にある法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)のお祭りです。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]




法多山 尊永寺

法多山 尊永寺は高野山真言宗に属し厄除観音として知られています。静岡県袋井市の観光名所「遠州三山」の1つとして、初詣や季節の催しには静岡県内有数の賑わいをみせます。
法多山尊永寺公式サイトより引用



「万灯祭」に行ってきました!

万灯祭とは。

その法多山では、7月10日は一年でもっともご利益のある日と伝えられています。
その日一日お参りすれば、4万6千日分のご利益があるといわれ、早朝から夜遅くまで大勢の善男善女で賑わいます。またこの日に本尊厄除観世音に灯りを献ずればそのご利益は倍増するともいわれ、7月9・10日は古くから「万灯祭」と呼ばれ、本堂前には参詣者の手によって何千基もの灯籠が奉納され、法多山の夏の夜は幻想的な雰囲気に包まれます。

法多山尊永寺公式サイトより引用

昨年、取締役本部長の照山もブログにて「万灯祭」の記事を掲載しています。

今年は照山と、営業の野口、私大沢が「万灯祭」へ行ってきました。
台風1号の影響も心配されましたが、そこは “持っている(ツキの無さを)” 男、私大沢の日頃の行いの良さでしょうか(?) 法多山に到着するころには、すっかり雨も止み、幻想的な雰囲気への期待は大いに盛り上がります。

法多山では長年 当社で石工事などさせていただき、大変お世話になっているつながりの深いお寺さまでもあります。

法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]

到着すると、さっそくカメラ小僧になる野口。(それを撮る、同じくカメラ小僧の大沢w)


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]

法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]

重要文化財の仁王門。建立は室町時代とか。



法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]

仁王門前には、当社専務 依田が設計した石牌(仁王門の説明を記した)が設置されています。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


仁王門を過ぎると、参道脇に石灯籠が続いて設置されています。


この石灯籠も、小野石材店の仕事。
奉納もさせていただいたので、灯篭裏側に彫られた現会長である小野京子、そして代表の小野元嗣の名前も見ることができます。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


あちらこちらで、小野石材店の仕事を見ることができ、照山の説明を聞きながら、野口と「あれも(小野石材店で!)」、「これも(小野石材店が!)」と大興奮でした。
大きい仕事をご依頼いただける信用と小野石材店の技術力の高さを改めて実感し、社員として少し誇らしい気持ちでお参りをしました (^^)

境内はとても雰囲気があります。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 



法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

苔むす石灯籠。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

5月下旬にはゲンジボタルが乱舞するそうです。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


参道途中の黒門(市指定文化財)


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

紫陽花は見頃を過ぎてしまった感じでした。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

本堂に続く階段。これも小野石材店の仕事です。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

蛸薬師堂(たこやくしどう)。こちらも石畳や石碑など、小野石材店の仕事を見ることができます。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

弁財天堂。こちらにかかる橋の欄干は、照山が設計を手がけたもの。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

こちらは、小野石材店自慢の石工職人 柴田製作の灯篭。
自分の会社製作だから、というわけではないですが、石質、加工の素晴らしさ…。灯篭としての佇まいが本当に美しかったです。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

厄除けのほおずき市。
厄除祈願をされた鉢植えのほおずきは、万灯祭の縁起物として喜ばれているそうです。
実は私、前厄。
なんということでしょう。これも厄除け観音のお導きでしょうか。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

人であふれる本堂前。
多くの善男善女がお参りに来ています。私も善男…の一人…のはずw
さっそくお参りしなくては。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

本堂内には、小野石材店奉納の灯篭もありました。(画面中央:クリックすると拡大写真がご覧になれます)


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店]

お参りを済ませたところで、外も少しづつ暗くなってきました。
何千基ともいわれる、奉納された灯篭の灯りも目立ちはじめます。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

曇り空一色だった空も、急に晴れてきて綺麗な月と星が見えてきました。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

なんということでしょう!(←くどいw)
本堂前は、何千基ともいわれる多くの灯篭に灯りがともり、幻想的な雰囲気に変わりました!


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

この光景は圧巻です。
万灯祭の幻想的な雰囲気に包まれて、なんだか幸せな気持ちになってきます(笑)


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

本堂前の石階段。
いまは採石できない希少な塩山御影石を使っています。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 


万灯祭の幻想的な雰囲気と、歴史ある法多山尊永寺で自社の仕事を数多く見ることができ、とても価値のある時間を過ごすことができました。


法多山尊永寺 万灯祭 [山梨 小野石材店] 

翌日、厄除祈願されたほおずきを自宅に飾り、「これで “持っている男” 返上だ!」と、今後の運勢向上に向けて巻き返しを誓いました。


歴史ある小野石材店の一員として、運勢だけでなく人間性と技術をより磨いていきたいと思います。
法多山尊永寺の万灯祭は、毎年7月9日・10日
機会あればぜひお出かけください!(^^)





お墓に行こうと言ったのは、子どもたちでした ー。~お墓はみなさんにとってどんな場所ですか?

こんにちは、大沢です。

小野石材店 A4広告 
情緒的な写真とキャッチコピーで、
新しい小野石材店の広告を制作しました。



お墓参りは、日本人の優しさの原点ではないでしょうか。


私、大沢が普段から子どもたちに伝えたいことは、報恩感謝の気持ち
恩に報い、感謝を表す。
日本人が昔から大事にしてきたご先祖さまを尊ぶ気持ち
お墓参りを通じて、子どもたちにたくさんのことを伝えることができます。
身近な親、祖父・祖母、曽祖父・曾祖母…に感謝し、そして自然や他人への感謝や喜びを大切にできる人間に育って欲しい。

そんな私の気持ちが通じたのか、最近では
「じいじのお母さんのところに行こう」
「ばあばのお父さんのところに行こう」
などと言い始めました。

大好きな虫を捕まえにいくのも目的に入っていますが…(汗)

そこで、子どもたちが知らない私たち親の祖父や祖母のエピソードを話すことができたり。
自分自身が祖父母たちと過ごした記憶がよみがえったり、自分が子どもからこの年になって気づくこともあり。
「あのとき祖父は、こんな気持ちで笑ってくれていたのかな、怒っていたのかな。」
などと、いろいろと気づかされることもあります。
お墓参りって、失いたくない日本の大切な文化だな」と、感じ、願いながら制作した広告です。


営業の海老澤は、先日朝礼でこんなことを言っていました。

小野石材店 営業 
笑顔が印象的な営業 海老澤


「実は採用面接のとき、小野石材店を志望した動機を話すことができませんでした。なので今日お話いたします!」

「え?今さら?」
みんなが驚くのも気にせず、海老澤は続けます。

「過去の職場で本当に辛いことがあって、お墓参りに行く機会がありました。
不思議な事に、お墓参りをしたら気持ちがスーッとして、また頑張ろう!
と思うことができたのです。
人それぞれではあると思いますが、自分にとってお墓参りは癒やしの効果があります。
もちろん、ご先祖さまに感謝する気持ちなどそういったものを含めて、
もっとお墓と人をつなげる仕事をしたいと思ったのです。」
と。


改めて自分の会社ながら、素晴らしい志を持つ同僚と働けることを誇りに思いました。
(…おそらくみんながそう思っているその瞬間)

営業部長の村田から
「海老澤くん、それ面接で言ってたよ!」
海老澤:「…えっ!?」(゚ロ゚;)
…と突っ込まれ、社員の笑いを誘っていたのは余談です(笑)

きっと緊張のあまり、話したかどうか忘れてしまったんでしょうねw



文武両道のオノセキ男子の余暇の過ごし方



そんな新しい小野石材店の広告ですが、先日6月26日(日曜)に開催された
山梨交響楽団さんの「第43回 定期演奏会」(コラニー文化ホール)
で配布されたパンフレットで初お披露目となりました!

山梨交響楽団 チラシ広告 
演奏会のチラシ

小野石材店 A4チラシ広告 
配布されたパンフレットにて

こちらは、日頃お世話になっている
臨済宗妙心寺派 楽音寺 ご住職を通じ、その縁から広告を掲載しています。

ご住職は高校生の頃から部活動(ブラスバンド部)で音楽に出会ってから大学ではジャズ、その後有名なプロバンドに関わり、様々な音楽家に師事し、クラシック音楽を学んできた本格派です。
現在、在籍する山梨交響楽団では、チェリスト(チェロの奏者)として活躍しています。

山梨交響楽団 定期演奏会 

もっと早くにブログでご紹介して、ご興味のある方にぜひ演奏会に足を運んでいただきたかったのですが…。
結果報告だけとなってしまい申し訳ありません。

内容は、とても素晴らしい演奏会でした!!
曲目は、
モーツァルト作曲 交響曲41番「ジュピター」
ラフマニノフ作曲 交響曲第2番

山梨交響楽団 定期演奏会 

山梨交響楽団 定期演奏会 

普段、クラシック音楽など聴く機会がない私でも感動しました。
その感動を皆さまに伝えたく、いろいろと調べたのですが
スケルツォアダージョやら、甘美なフィナーレアグレッシヴ…などなど(汗)、
ド素人がちょこちょこっと調べたくらいでは、文章でこの感動を皆さまに伝えるのは難しいので、ぜひ山梨交響楽団さんのオフィシャルサイトなどで、今後の演奏会の情報を調べてみてください。(^-^ゝ

***********************
お問い合わせ
山梨交響楽団事務局
HP:http://www.yso.jp/
TEL:055-228-9131 FAX:055-228-9137
Eメール:info@yso.jp 
***********************

知識が無くても、その演奏に感動するはずです!
営業の野口は、感動して涙を流したそうです。
営業の依田は、感動のあまり体が固まったそうです。

小野石材店 営業 
↑体の固まりを再現する営業 依田(本人自らのイメージ写真w)

興味のある方は、気さくな楽音寺のご住職にもお聞きしてみてください。親切にいろいろ教えてもらえると思います。(^^)

小野石材店 社員の余暇の過ごし方といえば、代表小野自ら挑戦するスリーピークス八ヶ岳トレイル営業依田のクライミングなど以前ご紹介しました。
スポーツばかりでなく、こうした音楽などの文化を楽しむ幅の広さが、小野石材店 社員の魅力向上につながっているのではないでしょうか。

お後がよろしいようで (。・ ω<)ゞ




感動と達成感。全力で駆け抜けたスリーピークス八ヶ岳トレイル!

こんにちは、大沢です。

今回の記事は、前回の記事でご紹介したスリーピークス八ヶ岳トレイルの出走のご報告です。
当日は天気にも恵まれ、絶好のトレラン日和となりました!

小野石材店自慢のオノセキ男子もアドレナリンMAXです!
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
出走前の様子。いつもにこやかなオノセキ男子の面々も緊張の面持ち。カッコいいですね!
スタート直前でかなり緊張しているはずです。

あまり話しかけられる雰囲気でない、勝負前の緊張感が伝わります。(その雰囲気がカッコいいのです)


…ん?
なんだかノリノリの2人が…
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
ご存知、石屋よりも「山屋」を公言(失言?)する、営業の依田と、甘いマスクと端正な声が魅力の営業 野際。
自信の現れなのか、天然なのか(笑)、とても楽しそうです(笑)
緊張…している…はず、ですよね?
(特に依田は、過酷な38kmに挑戦するというのに…w)

とはいえ、そこはオノセキ男子。
スタートゲートの前にいくと緊張感MAXにもかかわらず、おもしろポーズをとる営業部長の村田、人目も気にせずスタートなのにゴールシーンを再現する設計の村松など、余裕も見られます (・m・ )クスッ
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]


 チームオノセキ。
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
全員が気持ちを一つにして完走を誓います!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
石工職人の柴田。
数日前にケガをしてしまい、無念の欠場。
ケガを押して参加。当日はサポート役に徹していました。本人の悔しい気持ちを胸に、みんなが健闘を誓います。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
スタート前に参加者全員でダンス!?
会場の盛り上がりもMAXです!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
まずは38kmの猛者たちがスタート!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店] 
営業の依田と依田の友人のMさん。
とても今から過酷な38kmを走るとは思えない良い表情!
二人とも頑張れ!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
次はいよいよ23km。
ピースサインで応えるのは代表の小野!(写真中央)

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
オノセキのイケメン、石工職人の吹野も緊張。いい表情です。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]



以下、オノセキ男子の健闘写真をお送りします。
動きのある写真は難しいですね。スポーツ写真は専門ではないので、多少ピンぼけでお見苦しい箇所はご容赦ください。
あ、言い訳ではないですよ!(笑)

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
まずチームオノセキでトップを走るのは営業の野際。まだ余裕の表情。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
そして野際に続くのは、営業部長の村田。
前回修行走のときはピンぼけしてしまったため、「大沢さん、次は頼むよ。次は。…わかってるよね?( ̄∇+ ̄)」と愛のあるプレッシャーをかけられたので、手が震えてしまいピンぼけ。(言い訳ではないですよ!)
優しい笑顔を撮り逃してしまいました。誠に申し訳ございませんw m(_ _)m

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
その後に続くのは代表の小野。
汗と表情を見ると、ここまでの道のりが想像できます。(私は、車で移動w)

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
しかも、腹痛と両膝の痛みに耐えて走っていたそうです。オトコです。


スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
相変わらずトップを走る野際。
笑顔ですが、実は膝の痛みがひどく、痛み止めの薬を飲んで走っています。オトコです!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
営業部長の村田。
今度は撮れました。つらそうに走っていたのですが、私の姿を見つけるやいなや、笑顔に。オトコです!
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
その姿勢に感動。体が震えてまたピンぼけしました。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
上野原支店長の斉藤。みんながゼイゼイ言いながら登る坂道をクールな顔で上がってきます。オトコだ。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
そして、私をパチリ。まだまだ余裕がありますw

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
石工職人の渡邉。仕事も走りもただ黙々とこなします。男らしいオトコです。

なにやら指をさしてアピールする小野。
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
この先にあるものは…

そう。
恐怖の急な登り道。
写真で見るとわかりづらいかもしれませんが、かなり傾斜の急な坂になっています。
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
これはキツイ…。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
膝の痛みと腹痛を抱え、登り道に挑む小野。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
ひたすら登ります。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
自分との戦いが続きます。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
見事登り切って、走りだす小野。
気合いです!


スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
この日は選手だけでなく、ボランティアスタッフとしてもオノセキ男子が活躍。
総務の手塚と営業の海老澤も、朝早くから準備や走る選手たちに応援の声がけ。
選手の見えないチカラになっていました!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
変わらずチーム内でトップを独走する野際。下りを一気に駆け抜けます。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
村田、小野も野際を追いかけます!



レースもいよいよ終盤。
スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]


スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
村田を抜いて、野際につづく小野の姿。
このあたりはもはや気力で走っているのでしょうか。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
見事逃げ切り、チーム1位でゴールした野際。痛みを押してこの成績はすごい!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
そして代表の小野。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
なんとゴール寸前に駆け寄ったのは小野の長女。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
この後、次女も加わって 3人で手をつないでゴール!
私も同じ年頃の娘と息子がいるので、これは感動! 本人もお子さまもきっと嬉しいし、なによりの思い出ですね!

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
そして他のメンバーも続々ゴール!
なにも言わずとも、各々が大きな達成感をその表情に表していました。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
走り終わったあとのメンバーの表情を見ていると、本当に嬉しそうです。
(特製のパネルで写真を撮るオノセキメンバー。)
こうした感動や達成感、経験が、小野石材店の人間力の向上につながっているのではないでしょうか。

このあと、所用のため営業の依田38km挑戦中のゴールを見届けることなく、帰宅しました (>▽<;;
他の方に聞いたら、疲れきっているはずなのに側転しながらゴールしたそうな(笑)
さすが、オノセキきってのスポーツマンです!

一口に23km、38kmといっても、その内容はとてもハードなものです。
本当にみんなよく頑張りました。

大きな感動と達成感、そして小野石材店のチームとしての一体感が生まれたスリーピークス八ヶ岳トレイルでした。
仕事以外にもこうしたスポーツを通じて、社員の意識をひとつにする小野石材店の強みを見ることができました。

スリーピークス八ヶ岳トレイル [小野石材店]
先日、「会社は一つのチームです。みんなでまとまって頑張りましょう!」と、
朝礼で特注のTシャツを着て、体を張って社員全員に発破をかけた顧問の高野。(スリーピークス八ヶ岳トレイルは関係なく)
一風変わったTシャツを着ることによって、皆の笑いを取りつつ、上の立場自ら会社の雰囲気を盛り上げます。小野石材店の社風がよくわかる一コマではないでしょうかw



来年は私も…。
ピンぼけ&ブレ写真を減らすよう、写真を撮ることに頑張っていきたいと思います!

選手、サポートとして大会に関わったみなさま、本当にお疲れ様でした!!


スリーピークス八ヶ岳トレイル スポンサー小野石材店
※今回小野石材店は、スリーピークス八ヶ岳トレイルのメインスポンサーをさせていただきました。
走る選手のゼッケン(番号の上)に「小野石材店」のロゴが入り、社員としてとても誇らしく思いました。




仕事もプライベートも駆け抜ける! 今週末はスリーピークス八ヶ岳トレイル!!

こんにちは、大沢です。
みなさん、「スリーピークス八ヶ岳トレイル」をご存知でしょうか?

八ヶ岳スリーピークス広告 小野石材店 
写真は、スリーピークス八ヶ岳トレイルに連動した小野石材店のポスター広告(B2サイズ)です。
なんと撮影者は代表の小野! なんとも雰囲気のある場所ですね。(小野本人も写真に写っています(右側))

スリーピークス八ヶ岳トレイル


[スリーピークス八ヶ岳トレイルとは…]
スリーピークス八ヶ岳トレイルランニングは、八ヶ岳山麓、南アルプス、富士山といった日本が誇る名峰を拝むことができる、多くの自然に囲まれた壮大な舞台で繰り広げられるトレイルランニング大会です。
スリーピークス八ヶ岳トレイル公式HPより)

昨年、代表の小野もブログで出走の経緯をご紹介させていただいたこともあります。


そうです。
トレイルランニング(トレイルとは登山道や林道などを意味し、場所の高低に関わらず、舗装されていない主に山などの自然の中を走るアウ トドアスポーツ)のこと、そして地元はじめ主催者の方々の自然に対する熱い想いから、小野石材店はこの大会のスポンサーとなっており、代表の小野をはじめ 社員もランナーとして参加しています

小野は常々、「挑戦することの大切さ」、「継続し、目標を達成することの大切さ」を社員に説いています。

トップ自ら、昨年初挑戦であったトレラン(トレイルランニングの略)を通じて率先垂範しています!

大会当日の6月12日(日)は、日々忙しくしながらも各々が目標を定め、仕事終わりや休日などプライベートに黙々とトレーニングをしてきた総決算となります。

私も記録係(非公式)として当日は参加しますが、この係のために泣く泣く走者として参加することを断念しました。
いや、残念です。
本当にw チラッ(pω・q)
当日は選手のみなさんの熱い走りを写真に撮るため頑張ります。【◎】ω ̄*)パシャッ

昨年の身延山で開催された修行走では、営業部長の村田を撮ったとき(厳密に言うと写っていたw→無意識)ピンぼけさせてしまうという失態を犯し。
小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 

どうせ私はピンぼけですから
と、ふてくされてしまった(村田は撮影している私を見つけ、笑顔で手を振ってくれたにもかかわらず…、での失態だったのでよほどガッカリしたのでしょう(笑))ので、今回はカッコよい写真を撮りたいと思います。( ー`дー´)キリッ
修行走のとき、「悪のび太」がテーマ(外見)だった小野は今回どんなテーマで臨むのでしょう。こちらも楽しみですw


八ヶ岳の大自然を走る!


トレランってどんなところを走るの?
と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、スリーピークス八ヶ岳トレイルのコース(一部分)を実際に行って写真に撮ってきたのでご覧ください。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
スタート地点の三分一湧水館(山梨県北杜市)


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
三分一湧水。
「日本名水百選」に指定された湧水のひとつ。水争いが激しい頃、かの武田信玄が農業用水を3つの村に均等に分配させるため、湧出口の分水枡に三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させたという伝説が残っています。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
山でひっそり咲く美しい花も見どころです。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
晴れた日は木漏れ日で爽快な景色となりそうです。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
道中に点々と咲いていたレンゲツツジ。一面緑色の中にオレンジ色がとてもキレイでした。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
ゆるやかな登道。全面の緑色が目に良さそうですね。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
観音平から。
晴天であれば、甲斐駒ヶ岳など一望できるようですが、ご覧のとおり厚い雲に覆われていますw

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
途中、霞がかかり、幻想的な景色となってきました。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦!


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
目印の看板があります。当日は大勢のランナーがここを通過するのでしょうね。


小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 



小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦!
ところどころ大きな石があります。石屋としては、「どんな石目なのかな」と、違った視点で興味しんしんです。


ご覧いただいたとおり、なんとも重厚感あふれる写真ばかり。
そうです。
当日は雨(6月5日)
撮影して濡れた服装で自宅に帰ると、ニュースでは「関東地方は今日から梅雨に入りました」と。
「持ってるね~」と妻w

この数日前に朝礼で、「雨の日の写真は良い写真が撮れるんですよ~」と社員の皆さんに偉そうに話してしまったので、さっそくそんな場面が来るとは…。
(実際は個人の好みだったりもしますが‥w)
爽やかな写真は撮れませんでしたが、壮大な自然を駆け抜けるトレランのイメージを少しでも掴むことができたら幸いです。

小野石材店のスリーピークス八ヶ岳トレイル挑戦! 
同じ日の夕方に山梨市のフルーツ公園から撮った富士山。朝、これくらい晴れていれば雄大な山々が撮れたのに…orz


ただ一人38kmコースに挑む、営業依田の勇姿

このブログを公開するにあたり、実際のコースを練習で試走した社員から写真の提供をいただきました。

営業依田の挑戦 
ご存知(?)営業の依田。
プライベートでもクライミングにのめり込むスポーツマンです。

営業依田の挑戦 
記念の一枚。
なにやらポーズをとっていますが、なにか不自然…。
なにかを強調しているのでしょうか?(笑)

営業野際の挑戦 
営業野際の後ろ姿。
甘いマスクと豊富な経験と知識で仕事を駆け抜ける、営業の頼れる男です。
甘いマスクが見えない後ろ姿ですが、当日はバッチリ撮りたいと思いますw
私と同じ日ではありませんが、。この日も雨だったようですw


仕事ばかりでなく、こうしたプライベートでも目標を定めて自分の人生を充実させることは、必ず人生にプラスとなります。
小野石材店に魅力的な社員が多いのも、こうした社風が関係しているかもしれませんね!
お後がよろしいようで。 (。・ ω<)ゞ

仕事もプライベートも全力で駆け抜ける小野石材店を、今後もどうぞよろしくお願いいたします。
来週は、大会当日の様子をお届けします!
お楽しみに!!!d(ゝ∀・*)



小野石材店ウェブサイト
(株)小野石材店のスタッフブログです!

明治5年創業以来、山梨県を中心に墓石販売・施工・リフォームや、エクステリアやガーデン等の建築設計・施工を手がけております。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

書籍紹介